期限切れのCENTURIA SUPER 400

先日の12/15にKonica C35の現像を出してきた。当日夕方に上がってきた写真を見る。店頭で、やっぱり期限切れなのでそういう写真になっているよーと店員さんにも言われたが、納得。激しい色被りやドアンダーみたいな仕上がりで、それもまた期限切れフィルムの風合いといえばそうなのだろうが、いつものすっきりとしたC35の画とは別ものである。元々いいかなと思うものと、ちょっと違うなあというのを峻別してアップしているのに加えてこの状態なので、残ったのは10枚にも満たないものだった。でもまあいいか。

KONICA MINOLTA CENTURIA SUPER 400だったので、KONICAのカメラに、とC35に詰めたのだ。

本当にいつの期限だったかわからないようなものが、引っ越しのダンボール箱から出てきたので詰めてみたのだった。一緒に入っていた、未開封の箱たちは大体10年以上過ぎていたので、多分同時期と見るのが正しからう。

OLYMPUS-ACEに詰めたフジのSUPERIAはむしろその期限切れの風合いが適度で、果たして動くのかどうかというレベルの認識だったACEが、まだまだ現役なんだと思わせてくれたフィルムだった。しばらく使えていないので、そろそろ業務用でも詰めて撮りたい。ブライトフレーム内の二重像(の片方?)が殆ど見えなくなっているので、目測で撮らないといけないのがきついが。

 

多少Lightroomで色合いは触ってみた。普段フィルム写真はノーレタッチでアップしているのだが、かといって自分の楽しみをあまりにつよく縛り付けて微妙な気持ちでアップするのも馬鹿らしいので、ほどほどに今回は触ることにした。現像段階・スキャニング機器のセッティング諸々でもともと変わっているようなものだし。

 

かなり画像が荒れていたのはモノクロにするだけで十分な気がした。フィルム購入した時期は、先日の記事にあったFM2を借りた時期だったと思う。

 

小矢部の石動あたりを散歩していたときの石段。登ったところは廃墟で、お堂があったのだけど、そこで撮った写真は荒れた風合いと相まって正直怖い写真になってしまったので、アップしないでおく。あまり見返したくない。

 

朝の光。じっと見ていると徐々に明るくなってきているかのように感じる一枚になった。目が慣れて暗い部分が見えるようになってきているだけか。

 

カメラ屋さんにPEN EEのモルト張替えをお願いしたときの写真。撮っていいですかと聞いたら快諾していただいたので撮ったのだが、このフィルムだったのを忘れていて残念なことになってしまった。人を撮る貴重な機会だったので、持っていたDfで撮るべきだった。前に書いた通り、このPEN EEはここのお店に後日引き取っていただきました。感謝。掲載許可もいただき感謝。今度リベンジで撮らせてください。

 

信号待ちの写真はなんか好き。特にスクランブル交差点。

 

最後。補正なしで一番綺麗に撮れていた一枚。周辺光量落ちもイメージ通り。ちぎれ飛んだ花が雨混じりのアスファルトに横たわっていた。

以上8枚。今度は何詰めよう。PEN Sはまた期限切れのACROSS 100を詰めているが、果たして…。

期限切れのCENTURIA SUPER 400