PENTAX SPの現像2本目


ASAHI PENTAX SP + Super Takumar 55mm F1.8, フジ業務用100

ASAHI PENTAX SPに詰めていたフジ業務用100がいっぱいになったので現像に出してきた。一本目の試し撮りでどの写真も問題なく撮れていたので油断していた。二本目の写真のうち、どうやら1/1000や1/500あたりでシャッター幕不良(右半分以上が真っ黒)のようである。カメラ屋さんにてがっくりと肩を落とす。10枚くらいダメだった。公園でOLYMPUS PEN Sを撮影したのも真っ黒になっていた。いい感じの光だったと思うのだが。

シャッター幕の調整は、底蓋をあけたところに赤く塗った二か所のネジを締めた場所があるので、そこでテンションの調整ができるらしい。しかしどれくらいどちらに調整すればいいのかがわからない以上、下手に触ると低速範囲までダメになりそうだ。うーん。

しかしどのカメラも今のところそれぞれの性格の違うファミリー感があって、付き合っていて楽しいのだけど、PENTAX SPのシャッターも独特で好きなのでなんとかしたい。修理に出すか…しかし他のも修理に出したいのでどの順番に…。悩む。

道端でこの一輪だけしっかり咲いていたのが、タイル壁から浮かび上がるような姿で目に留まった。しかし写真に撮って単体で見てみると、自分以上にカメラがこの花をクローズアップしてくれたよう。


ASAHI PENTAX SP + Super Takumar 55mm F1.8, フジ業務用100

立ち寄った金沢駅にてスナップ。全体的に暗いトーンながらも、エスカレータの金属の感じは思ったように撮れていた。踊り場に登りきる前に気づけばもうちょっと思ったような構図になったかもしれない。左が寂しい?いくら考えても構図はわけがわからない。


ASAHI PENTAX SP + Super Takumar 55mm F1.8, フジ業務用100

真っすぐに天を衝く鉄塔…電波塔だろうか。ピントも微妙でぼやっとしているんじゃないかと思ったが、現像が上がってきたら思ったよりカリっとしていたのでうれしい。イメージしていた通り、それよりか良い。望遠でもっと鉄塔らしく撮ったほうがらしいのかもしれないが、これくらいの距離感も面白く感じた。光線のように張られた鋼線もいいなあ。

最近TrickleというSNSアプリ?を始めた。TwitterやInstagramがユーザをフォローするのに対し、これはあらかじめ発信するコンテンツに対してカテゴリを付与しておき、そのカテゴリをフォローするという形をとっているらしい。よってこの人のこういうジャンルの発信だけをフォローしておきたいといったことが可能。あと、意図的にリプライのやりとりのようなコミュニケーションは制限しているような印象があって、それもまた違った空間の感触を覚えて楽しい。たまに写真にいいねというコメントのような、リンクがつく。私が好きで撮った写真を、いいなと思ってくださる方がいることがありがたい。写真・カメラ友達なんかも媒体を問わず出来たらいいものだが。

フィルムは現像に出すときにパトローネ返却してもらってちまちま集めている。申し出忘れることもあるけど。可愛い収集物だ。

PENTAX SPの現像2本目

野田山あたりから

野田山から

野田山のあたりから、NikonDfにNikkor35mmで撮影。同じ場所から、先日入手したPENTAX SPに28mmで撮影したものが以下。試し撮りのフィルムが上がってきたのだった。

野田山あたりから(L)

写りも問題なし、光線漏れなどもない。露出計の針をどこまで信用していいのかまだ不安だが、このまま使っていけそうだと思う。

野田山あたりから(R)

KonicaC35でも撮りたかったが、同じショットを何枚もとっても勿体ないなあとやめておいた。ヘキサノンレンズの描写がちょっと見てみたかった。

野田山あたりから

ASAHI PENTAX SPOTMATICを迎え入れた

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

縁あってASAHI Pentax SPOTMATICを購入した。PENTAXから1964年に出た、マニュアルの35mmフィルムカメラである。といってもジャンク品扱いであり、動作の保証はない。送料込みで安い飲み代くらいの値段で買うことができた。スポットマティックであって、スポーツマティックではない、らしい。

 

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

外観:黴、ホコリなどが見られる。ペンタプリズムの上部が金属腐食しており、ざらざらとした痣のようになっている。上の写真でペンタ部右側。清掃でどうにかなるレベルではない。外観全体を無水アルコールなどで清掃する。なんとなく綺麗になった。シャッター近くの黒いのは金属の表面が剥げている。ファインダ内はかなり黒いざらざらが一面に広がっていて、マニュアルで絞り込んでいると滅茶苦茶見づらい。もともとこうなのか、ペンタプリズム内の汚れか何かがひどいのかがわからない。絞り込むと砂嵐みたいになっているのだ。

機構:シャッタースピードはおそらくは全速切れている。シャッターの感じは「ガシャコーン」と重い。ミラー部のモルトは大丈夫そう。裏蓋の方はどこに貼ってあったのかわからないが、ヒンジ部分のは劣化している。電池は当時の電池(水銀電池)が使えないので、SR626W/SWが使えるアダプタに交換してあった。これはありがたい。アダプタだけで3000円くらいするのではないか。電池を入れるも露出計が動かない。中の電気系統が故障しているのだろうとは思ったが、あきらめきれず調べていたら電池の裏表が逆ということに気づく。裏返したらちゃんと針が動いてくれて嬉しい。タイマーは使わないので触らない。下手に触るとスタックすることがあるらしい。

レンズ:レンズは手あかや汚れがついたSuper Takumar 55mmF1.8。保護用のレンズフィルターを買ってきてつけようとしたら、どうやらぶつけたか落としたされていたようで、歪んでいる。うまくフィルタがつかないと思ったらそういうことか。まあジャンク品なので仕方ない。カメラ屋さんでSuper Takumar 28mmF3.5を購入。こちらは信頼できるカメラ屋さんの店頭販売品なので綺麗だった。値段は安い方だろうが今回の調達品の中ではトップの値段だ。レンズフィルタもスカイライトΦ49を二枚購入したのだった。レンズマウントは私個人としては初めてのM42マウント。ねじ込み式。

その他の備品:カメラ屋さんでPENTAXのものを購入。デジカメやらに比べると軽いので安定する。Dfだとどうしてもストラップをかけていても首や肩に負担が大きい。軽い方ではあるのだが。レンズフードが欲しかったが一度にかける金額を見直して二の足を踏んでしまった。一応1500円くらいで売ってはいた。

カメラ屋さんでフジ業務用100を購入し、詰める。あとは24枚撮って現像に出し、光線漏れや露出計の程度を確認することにする。撮り歩こうと思ったら天気が悪く、ほとんど撮れなかった…また今度の休みか。レンズ28mmはNikonのでも持っていない焦点距離である。できればマウントアダプタを購入して、NikonDfでも使ってみたい。カメラ屋さんには安いのは買わない方がいいと忠告されたものの…。

とりあえずは試し撮り一本撮り終えるのが楽しみである。

ASAHI PENTAX SPOTMATICを迎え入れた