ASAHI PENTAX SPOTMATICを迎え入れた

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

縁あってASAHI Pentax SPOTMATICを購入した。PENTAXから1964年に出た、マニュアルの35mmフィルムカメラである。といってもジャンク品扱いであり、動作の保証はない。送料込みで安い飲み代くらいの値段で買うことができた。スポットマティックであって、スポーツマティックではない、らしい。

 

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

外観:黴、ホコリなどが見られる。ペンタプリズムの上部が金属腐食しており、ざらざらとした痣のようになっている。上の写真でペンタ部右側。清掃でどうにかなるレベルではない。外観全体を無水アルコールなどで清掃する。なんとなく綺麗になった。シャッター近くの黒いのは金属の表面が剥げている。ファインダ内はかなり黒いざらざらが一面に広がっていて、マニュアルで絞り込んでいると滅茶苦茶見づらい。もともとこうなのか、ペンタプリズム内の汚れか何かがひどいのかがわからない。絞り込むと砂嵐みたいになっているのだ。

機構:シャッタースピードはおそらくは全速切れている。シャッターの感じは「ガシャコーン」と重い。ミラー部のモルトは大丈夫そう。裏蓋の方はどこに貼ってあったのかわからないが、ヒンジ部分のは劣化している。電池は当時の電池(水銀電池)が使えないので、SR626W/SWが使えるアダプタに交換してあった。これはありがたい。アダプタだけで3000円くらいするのではないか。電池を入れるも露出計が動かない。中の電気系統が故障しているのだろうとは思ったが、あきらめきれず調べていたら電池の裏表が逆ということに気づく。裏返したらちゃんと針が動いてくれて嬉しい。タイマーは使わないので触らない。下手に触るとスタックすることがあるらしい。

レンズ:レンズは手あかや汚れがついたSuper Takumar 55mmF1.8。保護用のレンズフィルターを買ってきてつけようとしたら、どうやらぶつけたか落としたされていたようで、歪んでいる。うまくフィルタがつかないと思ったらそういうことか。まあジャンク品なので仕方ない。カメラ屋さんでSuper Takumar 28mmF3.5を購入。こちらは信頼できるカメラ屋さんの店頭販売品なので綺麗だった。値段は安い方だろうが今回の調達品の中ではトップの値段だ。レンズフィルタもスカイライトΦ49を二枚購入したのだった。レンズマウントは私個人としては初めてのM42マウント。ねじ込み式。

その他の備品:カメラ屋さんでPENTAXのものを購入。デジカメやらに比べると軽いので安定する。Dfだとどうしてもストラップをかけていても首や肩に負担が大きい。軽い方ではあるのだが。レンズフードが欲しかったが一度にかける金額を見直して二の足を踏んでしまった。一応1500円くらいで売ってはいた。

カメラ屋さんでフジ業務用100を購入し、詰める。あとは24枚撮って現像に出し、光線漏れや露出計の程度を確認することにする。撮り歩こうと思ったら天気が悪く、ほとんど撮れなかった…また今度の休みか。レンズ28mmはNikonのでも持っていない焦点距離である。できればマウントアダプタを購入して、NikonDfでも使ってみたい。カメラ屋さんには安いのは買わない方がいいと忠告されたものの…。

とりあえずは試し撮り一本撮り終えるのが楽しみである。

ASAHI PENTAX SPOTMATICを迎え入れた

フィルムをお店でスキャンしてもらったら(OLYMPUS-ACE)

1st shot by olympus-ace

フィルムで撮り始めて、5本目の現像に出したタイミングに一度データ化も合わせて頼んでみた。KonicaC35、KonicaC35EF、OLYMPUS-ACEの三つのカメラの試し撮りが殆どではある。目的としては、先日自分でスキャンしてみたものが、実際お店のフィルムスキャンに比べてどの程度の質なのかを見比べてみたかった。

一言でいえば上がってきた写真を見て驚いた。びっくりした。もっとガサガサと、ピントもあっていなくて、露出もあっていないのをフジさんが調整しているようなのを想像していたのだ。

しかし見てみるとそういうものもあるにはあるが、ちょくちょく、自分が見ていた光景よりもカメラが捉えた景色のほうが感情を揺さぶるだけのものをもっていた。上にあげた金沢21世紀美術館の芝生に設置された作品の写真も、ちょうどOLYMPUS-ACEの試し撮り一枚目のもので、ピントがあっているかどうかもあやしいものだったが…色合い、絞り具合、全体的の露出といい自分の好みの一枚だったので驚いた。自画自賛にもほどがあるが、これはカメラ側があいさつ代わりにくれた一枚だと思っている。私はこんな写真を撮れますよ、という挨拶である。

中心の作品がいいのだろうか。なかったら? なかったらどんな風に感じただろうか。色合い、露出は使用期限を10年も過ぎたSUPERIA100を使用したがゆえのものなのだろうか。今後はフジ業務用100を入れるだろうから、また見え方も変わってくるのかもしれない。

Deep blue

少なくとも、「果たしてこの古い、ホコリやカビに汚れたカメラで写真が撮れるものなんだろうか?」という事前の不安は払拭された。いける。1958年のカメラだったっけか、偶然にもちょうど60歳である。

二枚目は犀川だったっけか。空と川に映る青がいい。このフィルムでこの二枚が特に気に入ってしまった。デジカメと違って、絞りやシャッタースピードが記録されないのでそこはメモっておかないとだめか。メモしながら写真はさすがにできないかなあ。皆覚えているんだろうか。

オリンパスエースには露出計がない。大体f8とかf5.6くらいで、シャッタースピードは1/125とか1/250とかそのあたりで適当に撮っていたと思う。カラーネガフィルムはラティチュードが広いから、リバーサルやデジタルよりも多少露出を外してしまっても大丈夫らしいと聞いた。

ピント合わせは二重像を合わせる感じなのだが、どうもその像がコニカC35に比べてかなり薄くて見づらい。難しいので無限遠で撮りがちである。シャッターを押した感覚は、ニコンともコニカとも違う感触でこれもまた気持ちいい。体の奥に入り込むような感覚にぞくりとした。

フィルムをお店でスキャンしてもらったら(OLYMPUS-ACE)

好きといい写真と写真が好きと

Window

いい写真を撮りたいと思う気持ちはもちろんあるが、その定義がままならぬので、私はとりあえず自分が気持ちいいと思うものが撮れたかどうかを考える。そうして、次はどんな写真が好きかということを考える。

いろんな写真が好きだ。そしていろんな写真、いろんなタイプのものを好きでいい、作っていい。

つい角度を付けた写真を撮ってしまい、帰って来て見ると面白みを感じられないことが多かったりするが、モチーフに正対した写真を私は好むようだ。そういえば、10年くらい前には『正対写真』と称した塊を何かの作品集として出したいと練っていたこともあった。結局形にはならなかった。しかし今でもこういう撮り方を意識してしたくなることがある。

主計町

しかし私は何でも考えれば考えるほど作るものがつまらなくなっていく。構図の理屈を考えるとそれだけになってしまい、ストーリーも感情も上手く込められないのか。なんでだろう。自分自身の空虚さを突き付けられているようだ。私は写真で自分の見ているものを『説明』したいわけではない…。じゃあどうしたいのか?

写真は誰のためのものか。他人のためではない。じゃあ他人ではないもののため、それは自分自身のためか。なんとなくだが私にとっては、自分自身があとからみたときに、その写真をいいなと思うか、あのとき感じた思いってこんなだったなと想起できるというポイントが大事なのかもしれない。まるでメモのようだ。しかし記憶を『説明』するためのものではない。

写真という媒体とそれに関する行為、器具などにそれぞれ想いがあるため、こうして考えていても並行的にそれぞれの考えていることがある。それをひとつにまとめるのは、小学校のひとクラスを一つの言葉で表現し、その定義に縛るような乱暴さがある。縛らないで言うなら自分が楽しむためとは言えるけれど。

好きといい写真と写真が好きと

KONICA S2

KONICA S2

写真はKONICA S2というレンジファインダーフィルムカメラである。見た目かなり綺麗で、前からお店で見かけていて気になったので購入した。が、JUNK品で値段も数百円。なぜなら、絞り羽根が動かないためである。がっちりと閉まったまま(シャッター幕のようなものなのかもしれない)で撮影できない。

ファインダーもレンズも綺麗なのに、もったいない。かといって分解して修理できるかというと難しそうである。機会があるまでインテリアとなるか、保管しておくままか。しかし枠のプラスチック部分はなんともだささを感じる部分ではある。1961年のカメラ。

KONICA S2

minolta SR-7

minolta SR-7

ひとつ前の記事に書いたOLYMPUS-ACEと一緒に出てきたのがminoltaのSR-7である。先日SR101を清掃したが、それより古いモデルだったと思う。多分1967年に発売されたものだ。かなりずっしりとした印象を受ける。実際持ってみても重い。

裏ブタのモルトは見当たらない。除去したのか、もともとなかったのか。ミラー近くのモルトが腐食して下部に溜まっていた。これは分解しないと綺麗に出来なさそうである。確か前に一度試写したとき、光線漏れしていると言われたような気がする。裏蓋かあるいは下部に原因があるような気がする。ネットで分解画像を見たが、とても私の手に負えるものではない。外見はある程度アルコール等で綺麗になったが、実用に耐えうるかはわからない。ROKKORレンズは55mmF1.4、黴か曇が見受けられる。ROKKORレンズは比較的安価で評判がいいものもあるらしいから、気になるところではある。フィルム一眼は前に借りたことがあるNikonのFM2Aが欲しいが、一方でASAHI PentaxのSPOTMATICも気になる。minoltaやOLYMPUSも気になるものはある。切りがない。しかし今のうちに買わないと、どんどん市場からなくなっていってしまう気もするのだ。先立つものが欲しい。

minolta SR-7

OLYMPUS-ACE

OLYMPUS ACE

新しく買ったカメラというわけではない。以前実家の近所の方が、息子さんが昔使っておられたもの(遺品)を譲ってくださったのであった。(その譲ってくださった方ももう数年前に亡くなられた) しかしフィルムカメラはどうにも難しく、メンテナンスの方法もわからなかったのでしまい込んだまま引っ越しを迎え、そうして段ボールに仕舞われたままだった。最近フィルムコンパクトカメラで写真を撮ることにも興味を覚え、触っているところであるが、たまたま今日なんとなく段ボールの山のひとつに呼ばれた気がしてひっくり返したのである。段ボールにはどこどこの書類在中とある。しかしその底には使用期限の切れたモノクロフィルムとカラーネガフィルムが3本ほど、そして写真のオリンパスエースとミノルタのSR-7が入っていた。フィルムは使用期限が10年ほど切れているが、試しに使ってみてもいいだろう。

分解清掃までは私はできないので、吹き掃除やらアルコール清掃やらをしてみるとそこそこ綺麗になった。中はみたところモルトらしきものがない。どういうことだろう、滓も存在しないということは元からなかったのか、それとも清掃した後貼っていないのか。レンズにやや黴か曇が見受けられるが、このカメラはまだ使えるような感じがする。またフィルムを詰めて、試し撮りしてみたいと思う。C35に比べるとかなり重いカメラだ。オリンパスのサイトに簡単な説明があった。1958年生まれ。ちなみにレンズ交換式で、交換レンズはもっていないものの外すことはできた。ついているのはE.Zuiko 4.5cm F2.8だ。KONICA C35に比べると重くて大きいが、ネックストラップを付ければ散歩にも連れていけるだろうか。

OLYMPUS-ACE