ASAHI PENTAX SPOTMATICを迎え入れた

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

縁あってASAHI Pentax SPOTMATICを購入した。PENTAXから1964年に出た、マニュアルの35mmフィルムカメラである。といってもジャンク品扱いであり、動作の保証はない。送料込みで安い飲み代くらいの値段で買うことができた。スポットマティックであって、スポーツマティックではない、らしい。

 

ASAHI PENTAX SPOTMATIC

外観:黴、ホコリなどが見られる。ペンタプリズムの上部が金属腐食しており、ざらざらとした痣のようになっている。上の写真でペンタ部右側。清掃でどうにかなるレベルではない。外観全体を無水アルコールなどで清掃する。なんとなく綺麗になった。シャッター近くの黒いのは金属の表面が剥げている。ファインダ内はかなり黒いざらざらが一面に広がっていて、マニュアルで絞り込んでいると滅茶苦茶見づらい。もともとこうなのか、ペンタプリズム内の汚れか何かがひどいのかがわからない。絞り込むと砂嵐みたいになっているのだ。

機構:シャッタースピードはおそらくは全速切れている。シャッターの感じは「ガシャコーン」と重い。ミラー部のモルトは大丈夫そう。裏蓋の方はどこに貼ってあったのかわからないが、ヒンジ部分のは劣化している。電池は当時の電池(水銀電池)が使えないので、SR626W/SWが使えるアダプタに交換してあった。これはありがたい。アダプタだけで3000円くらいするのではないか。電池を入れるも露出計が動かない。中の電気系統が故障しているのだろうとは思ったが、あきらめきれず調べていたら電池の裏表が逆ということに気づく。裏返したらちゃんと針が動いてくれて嬉しい。タイマーは使わないので触らない。下手に触るとスタックすることがあるらしい。

レンズ:レンズは手あかや汚れがついたSuper Takumar 55mmF1.8。保護用のレンズフィルターを買ってきてつけようとしたら、どうやらぶつけたか落としたされていたようで、歪んでいる。うまくフィルタがつかないと思ったらそういうことか。まあジャンク品なので仕方ない。カメラ屋さんでSuper Takumar 28mmF3.5を購入。こちらは信頼できるカメラ屋さんの店頭販売品なので綺麗だった。値段は安い方だろうが今回の調達品の中ではトップの値段だ。レンズフィルタもスカイライトΦ49を二枚購入したのだった。レンズマウントは私個人としては初めてのM42マウント。ねじ込み式。

その他の備品:カメラ屋さんでPENTAXのものを購入。デジカメやらに比べると軽いので安定する。Dfだとどうしてもストラップをかけていても首や肩に負担が大きい。軽い方ではあるのだが。レンズフードが欲しかったが一度にかける金額を見直して二の足を踏んでしまった。一応1500円くらいで売ってはいた。

カメラ屋さんでフジ業務用100を購入し、詰める。あとは24枚撮って現像に出し、光線漏れや露出計の程度を確認することにする。撮り歩こうと思ったら天気が悪く、ほとんど撮れなかった…また今度の休みか。レンズ28mmはNikonのでも持っていない焦点距離である。できればマウントアダプタを購入して、NikonDfでも使ってみたい。カメラ屋さんには安いのは買わない方がいいと忠告されたものの…。

とりあえずは試し撮り一本撮り終えるのが楽しみである。

ASAHI PENTAX SPOTMATICを迎え入れた

フィルムをお店でスキャンしてもらった2(KonicaC35、C35EF)

前回は結局OLYMPUS-ACEのものだけで終わってしまったので、一緒に上がってきたKonicaC35とKonicaC35EFも。色々とお金をかけて道具をそろえたものの、カラーネガについてはお店でスキャンしてもらった方が楽で綺麗だということがわかった。お金はかかるけれど。

以下、それぞれにあれこれ写真について書いていたが、語れるほど写真についてわかっていない…ということでざくざく削除。リアルの身の回りに話の通じる人がいたら、「…は~ということ? でしょうか?」くらいの感じでお話してみたいものだ。前々々前職場はフィルムカメラ好きが何人かいたのにそのころはやっていなかったのだ。

 

KonicaC35EF(ピッカリコニカ)+フジ業務用100

 

鳥越城跡

まずはジャンク品の箱から手に入れて清掃したピッカリコニカ(KonicaC35EF)から。フラッシュは使わないのでそちらの電池は入れていない。なのでかなり軽い。

前に雨の発電所を撮りにいった序にいった鳥越城跡の写真である。このときは雨も止んで、曇り空だったろうか。石垣や門もそうだけど、鉄塔のある山の木々も細かく見える。

Kanazawa Pigeons

道の先一か所に群がる鳩を撮る。細かいことは置いておいて、試し撮りのフィルム一本目としてはどれも自分の腕では十分なほどに写っていたので、ヘキサノンの力かと思う。

KonicaC35 Flashmatic

 

21美椅子

こちらは同じKonicaだがKonica C35 Flashmatic。先ほどのがピッカリコニカという通称だったのに対し、ジャーニーコニカというらしい。外観が好みすぎるカメラである。

上の写真は21世紀美術館でよく観光客にも撮られている椅子。壁沿いに並んでいるのがかわいらしくて撮りたくなる。

朝のお迎え

こうして見ると自分のスキャンのやつは色被りがすごい。ピントが甘いのはソフトな感じでまだいいのかもしれないが。

 

Bus Lane

雨が降っているのがちょっとわかりにくいが降っている。

 

風吹く

青いのは自分でスキャンした方。色温度と色被りの調整が大雑把過ぎたか。

フィルムをお店でスキャンしてもらった2(KonicaC35、C35EF)

フィルムをお店でスキャンしてもらったら(OLYMPUS-ACE)

1st shot by olympus-ace

フィルムで撮り始めて、5本目の現像に出したタイミングに一度データ化も合わせて頼んでみた。KonicaC35、KonicaC35EF、OLYMPUS-ACEの三つのカメラの試し撮りが殆どではある。目的としては、先日自分でスキャンしてみたものが、実際お店のフィルムスキャンに比べてどの程度の質なのかを見比べてみたかった。

一言でいえば上がってきた写真を見て驚いた。びっくりした。もっとガサガサと、ピントもあっていなくて、露出もあっていないのをフジさんが調整しているようなのを想像していたのだ。

しかし見てみるとそういうものもあるにはあるが、ちょくちょく、自分が見ていた光景よりもカメラが捉えた景色のほうが感情を揺さぶるだけのものをもっていた。上にあげた金沢21世紀美術館の芝生に設置された作品の写真も、ちょうどOLYMPUS-ACEの試し撮り一枚目のもので、ピントがあっているかどうかもあやしいものだったが…色合い、絞り具合、全体的の露出といい自分の好みの一枚だったので驚いた。自画自賛にもほどがあるが、これはカメラ側があいさつ代わりにくれた一枚だと思っている。私はこんな写真を撮れますよ、という挨拶である。

中心の作品がいいのだろうか。なかったら? なかったらどんな風に感じただろうか。色合い、露出は使用期限を10年も過ぎたSUPERIA100を使用したがゆえのものなのだろうか。今後はフジ業務用100を入れるだろうから、また見え方も変わってくるのかもしれない。

Deep blue

少なくとも、「果たしてこの古い、ホコリやカビに汚れたカメラで写真が撮れるものなんだろうか?」という事前の不安は払拭された。いける。1958年のカメラだったっけか、偶然にもちょうど60歳である。

二枚目は犀川だったっけか。空と川に映る青がいい。このフィルムでこの二枚が特に気に入ってしまった。デジカメと違って、絞りやシャッタースピードが記録されないのでそこはメモっておかないとだめか。メモしながら写真はさすがにできないかなあ。皆覚えているんだろうか。

オリンパスエースには露出計がない。大体f8とかf5.6くらいで、シャッタースピードは1/125とか1/250とかそのあたりで適当に撮っていたと思う。カラーネガフィルムはラティチュードが広いから、リバーサルやデジタルよりも多少露出を外してしまっても大丈夫らしいと聞いた。

ピント合わせは二重像を合わせる感じなのだが、どうもその像がコニカC35に比べてかなり薄くて見づらい。難しいので無限遠で撮りがちである。シャッターを押した感覚は、ニコンともコニカとも違う感触でこれもまた気持ちいい。体の奥に入り込むような感覚にぞくりとした。

フィルムをお店でスキャンしてもらったら(OLYMPUS-ACE)

するどい光

雨露たくわへNikon Df + AF-S Nikkor 50mm f1.8G

雨に濡れ、するどくなった光と陰が神妙に私に生い茂る。

逆さに映る私はどんどん現実から剥がれ落ちてく今の自分を無表情に見つめてゐる。

表向きを上手くやり過ごすことに躍起になって、自分自身の正しい方にレンズは向いてゐない。

空回りに滑り落ち、目の奥にばかり涙の貯まる夢か。

するどくなった光は暴れまはって夢ばかりに打ち付ける。

するどい光