思ひつきは聲に出せ

平成二十九年が明けた。私は筆立てのことを考へる。普段使つてゐるボールペンや、鉛筆に、まだ使つてゐないボールペンの替芯、鉛筆、螢光ペンなどが並んで立つてゐる。他にもハサミや芯の入つてゐないペン軸、掃除用の歯ブラシなんかが立つてゐる。それらとは別に、普段持ち歩いてゐる筆入れもあるが、彼らは一軍である。對してここに立つてゐるのは二軍と云へる。替芯は横にして抽斗に仕舞つてをいた方が良いのか、立てておいたほうが良いのか迷ふところだが、一應目につくやうにしてある。

思ひつきをすぐにメモにしたゝめるひとを尊敬する。私は思ひついたところで、頭の中をぐるぐると廻つて、ペンを手に取り紙に書き下ろすところまでで、その大半が失はれてしまつてゐることが多い。かうしてゐる目の前にもメモとペンは確かに存在するのだが、いざ目の前にあると思いつくことがあまりない。矢張り、考へごとは歩きながらするのが私には最も合つてゐる。特に思ひ浮かぶのは實家の近くの田圃道である。家族はさうは思つてゐないだらうが、私はそれなりの頻度であの辺りを歩いて考え事をすることが多かつた。しかし、その場で書き留めやうとも、立つた狀態で文字を上手く書けない私は却つてその苛立ちが強くでてしまひ、結局考へてゐた内容の幾分とも再會し得たためしがない。

最近の携帯電話は簡單に音聲メモが採れるのだから、それを使へばいゝのだが、それも結局携帯電話の電源を入れてアプリケーションを立ち上げてとしてゐるうちに、同じことになる。何故かうなのだらう。

私がもう一人居ればと思ふ。頭の中で語り合つても、記憶の定着は中々難しい。しかし実際に聲に出すといふことは、アウトプツトと同時に、自分の聲がまたインプツトされ、頭で記憶処理されるから、その効果は多重的で極めて大きいと思ふ。これは私が人の勉強をみる機會には度々口にすることである。しかしながら、自分ひとりで、しかもそれが創作のことであつたりすると、他人にあれほど云つてゐたことがあつさりと忘れ去られてしまふ。だから、もう一人の實在する自分と語り合ひながら、考えをまとめ上げることが出來たら樂だらうなあと思ふのであつた。

しかし現實的にはやはり立つて書き留める能力を磨くか、あるいは聲に出し續けるたり記録したりするしかないのだ。多分。

あと螢光ペンは使ふ機會が少なく、替芯がいつまでもそこにあるのが、落ち着かない。

思ひつきは聲に出せ

2008.2.22

722891166_72

私の右耳には穴が二つ空いてゐる。と云っても實際のところ、その余分な穴というのは貫通してはおらず、どこまでか深めの洞穴のやうになってゐるのである。詳しく調べた訳ではないが、なにぶん小さなものなので、その奥行きはわからぬ。産まれたときからある、單なる畸形の一種だといふ。

聲ならぬものの聲を聽く――などといふ色があればそれもまた面白いが、さういったことはない。耳掃除の手間が幾分かかるだけである。

しかし耳の拡大なぞ、あまり見て氣持ちの良いものではなからう。お詫びする。

2008.2.22

2007.4.2

391613640_2

空を仰ぐやうにして、春風を頬や髪に感ずる… 
足元の蒲公英が ひどく懐かしげに言ふのです
めぐりめぐつて、はじめまして そしてこれからもどうぞよろしく
私たちは、何世代も互ひに入れかはりあつて
かうして出遇つてゐるのですね、と
冬が過ぎれば春が來るやうに、またいつか會ひませう

2007.4.2

2006.3.8

夏ごろに撮ってゐた寫眞に比べて、私は、寫眞の中に私らしさを表現できているだらうか? 周りの寫眞、みんなの寫眞、カメラ自体に、私はふりまわされてしまってはゐないだらうか?思ったとほりの画を撮ることは確かに難しい。自分が納得できるものが本當になかなか表現できなくて、内心ざわついてゐたやうに思ふ。これは、私の中では寫眞にいらついたり、それ以外の現實問題にたいする苛立ちとはまったく別箇に存在する悩みの根源である。多分現實的に分析すればカメラに慣れてゐない、そして表現の幅が急に広がったことに追いつけてゐないのだらうと思ふ。私はいま、もがいてゐるのだ…。

それでもたまに、私が夢中で撮った寫眞のうちに、自分を強引に肯かせるやうな画が撮れることがある。あくまで自分自身を納得させるだけに過ぎないが、暗にそれはスタートラインに立つために必要なものなのだ。

その作品が、おそらくこの日の中にたまたま現れた、三枚目の寫眞である。奇しくも悩んだり、楽しみながら撮ったその日の寫眞のうち、これは一番最初に無心でたゞ風車の寫眞を撮らうと思っただけのものだった。まったく、もがいてゐる私らしい。

98443386_238

2006.3.8