OLYMPUS PEN S and PEN EE

OLYMPUS PEN EE and PEN S

縁があってOLYMPUSのハーフサイズカメラをお迎えした。それも二台。一台は右側のOLYMPUS PEN Sで、フルマニュアル機である。ピントも目測で決めるタイプである。左側はOLYMPUS PEN EE、これは距離も絞りもシャッタースピードもすべてカメラまかせ&固定である。フィルムを巻き上げてシャッターを切るだけというシンプルなカメラだ。写ルンですみたいな感じだろうか。セレン受光素子とかいろいろ細かいカメラについての話は、詳しいサイトを参照していただきたい。私は知らないことだらけだ。

35mmのフィルムで通常一枚に使うコマを半分だけ使うという話をきいて、なるほどと思った。半分にするということで、普通に構えても焼き付けられるのはタテ構図。それでハーフカメラに興味がわいたのだ。これは一台は持っておきたいと。倍の枚数撮れるというのも面白い。ただし現像代は1本分でいいとはいえ、プリント代もしくはCD-Rへのデータ化は通常の倍かかるということだ。

店主さんのお心遣いと幸運と勢いによって2台同時お迎えとなったが、それぞれの性格は違うので扱ううえで気持ちの切り替えはしやすい。PEN EEはKonicaC35寄りでハーフサイズなスナップになるだろうし、PEN SはACEのような感じのスナップになりそう。どちらもスナップ感覚で使うような気はするけど、自分の中のファインダーを覗く気持ちが違う、のかもしれない。

どちらもあれだけ小さいと思っていたC35よりさらに小さい。36枚撮りを詰めたので、試し撮りの結果はだいぶ先になるかもしれない。いや、割と軽率にシャッターを切るタイプなので思っているより早く上がるかもしれない。楽しみである。しかし今私は風邪をひいている。一日寝ているはめに。

OLYMPUS PEN S and PEN EE