ちよつとした心の動きは寫眞で

ちよつとした心の動きを感じたら、シャツタァを切つてよい。さういふ、小さな心の感應を、寫眞といふ繪で殘してをく。

大きな心の動きは、その糸目を、紙といふ繊維に縫い付けるやうに、言葉にして殘してをく。丁寧に、時として、叩きつけるやうに。

寫眞でもよいのですけれど、私にはその一枚繪でナミのおほきさを表現するのは難しいですし、言葉の儘ならぬもどかしさは却つて自分らしいなと自己愛に溺れることもできるのですから。小さな動きもまた、うまく云ひ表せなくて、むず痒い思ひをしてをりますけれど。

わたくしは、じぶんじしんと、じぶんがうみだしたものを好いてくれるひとをだいじにして參りませうね、すぐにじぶんをきらいになるひと。

ちよつとした心の動きは寫眞で

Nikon S2をお迎えしました

もうしばらくにはなるが、レンジファインダーのフィルムカメラ、Nikon S2をお迎えした。これは私が年頭に挙げた今年の目標のふたつ「ZenzaBronica S2を入手すること」「Nikon S2を入手すること」の一つである。そして、すでに日記に書いたようにブロニカS2は1月に綺麗な個体をお迎えできたのだった。つまり3月にして既に目標を達した。残り9カ月はエクストラステージということで積極的に写真を撮りまくって行きたい。

Nikon S2について、細かなことはすでにいろんな人の口から語られているので、いま改めて私がその歴史や仕様を書き記す必要はないだろう。しかし日記ではあるので、ざっくりとでも記入しておく。(以下めっちゃ早口)

NIKON S型の前身であるNIKON I型はもともと「Nikorette(ニコレット)」の仮称で設計が進められていた。その後審議を経て、より雄々しく力強い「NIKON」という商標は、日本光学工業のカメラ第一号に付され、やがてそれは社名となる。1947年のことである。(それまでニコンはレンズをキヤノンなどに供給したりしていた) ちなみにNIKON I型は商工省の通達により、特殊需要を除いてすべて海外への輸出販売とされた。なので私もNIKON S型がNikonの最初のカメラと勘違いしていたのだった。違った。

NIKON I型は現在普及しているライカ判(24*36mm)と異なり、ニコン判(24*32mm)であったため、世界市場において壁にぶち当たる。当時ポジフィルムでスライドにして楽しむのが一般的であったようで、自動的にフィルムを切断する機械がライカ判でバサバサ切って行ってしまうと、ニコンのカメラで撮ったフィルムは撮影画像が切断されてしまうという事態に陥ったのだった。結果としてGHQは同機の対米輸出を許さず、ライカ判への改造を余儀なくされた。I型は累計738台で生産を打ち切り。しかしボディの鋳型を加工しなおすにしても、36mm幅まで広げることは経営体力的にも納期的にも不可能であった。最大限の加工として、24*34mmにサイズ変更し、フィルム送りをライカ判と同じとすることで輸出への障害は取り除かれた。これが1949年に完成したNIKON M型である。S型はシンクロ接点などの要望に応えた型として改良を重ねたものである。そして、ニッコールレンズやM型が朝鮮戦争時、ダンカンやマイダンス、ハンク・ウォーカーらによってその実用性を評価され、LIFE誌やニューヨーク・タイムズ紙を通じて世界的に日本工学工業という企業のその立ち位置を確かにしていったのは有名である。NIKON S2はそのS型の次機種である。

1954年のライカM3発表によるライカショック(M3ショック)に立ち向かった製品こそがNIKON S2。この型からフィルムの撮影比率がライカ判となった。NIKON Sの距離計ファインダーの明るさと0.6倍のファインダー倍率を改良し、倍率1倍・視野率90%で見やすくなり、ボディも軽量・高精度化が図られた。世界的な評価を得た後の第一弾のカメラが、社内の大きな期待を背負ったものであったのは言うまでもない。しかも、設計も終わり、部品の加工作業まで進んだ段階でのライカショックはまさに衝撃であったろう。そこから仕様改良が入ってS2の仕様が固まったのであった。そして、S2の発表と国内販売は同時に行われ1954年12月、価格は83,000円(50mmf1.4付)であった。ワンモーションの巻き上げレバーや等倍ファインダーは大変喜ばれて受け入れられたという。しかし83,000円というのは当時の月あたりの平均実収入は28,000円程度だというから、カメラは高額なものであったということが改めて確認できる。(「家計調査結果」(総務省統計局)「1世帯当たり年平均1か月間の収入と支出-二人以上の世帯のうち勤労者世帯,全都市」による)

と前置き(めっちゃ早口)が長くなったが、その歴史的経緯を知って欲しくなったわけではない。愛聴しているまきりなさんの動画でのNIKON Sや、NIKON S2の写真や記事を多く書かれているアレモコレモさんの刺激により、欲しくて欲しくてたまらなくなったのであった。見た目がかっこよすぎた。そんなことでいいのか。いいのだ。どんな機体でもレンズでも、いい写真が撮れる確約など存在しない。しかし惚れた機体には扱う喜びが存在する。いい写真が撮れることよりも、機体を愛するだけの心持ちでいられるかが私にとっては大事であった。

それで、いいのが見つかって仕入れられたら…と、いつもお世話になっている写真の文明堂さんにお願いしていたのだ。そしてそれが思いのほか早くやってきたのだった。実際に購入して持ち帰るまでは少しお金の都合などもあって時間がかかってしまったが、いつまでも待って頂くのは不義理であるので、なんとかして一か月以内に迎えに上がった。

少しアタリがあるものの、非常に美しい。レンズはf1.4ではなく、おそらくNIKON Sの標準レンズである5cm f2である。絞り羽根に油が回ってしまっているがこのカメラに関しては動作に問題はなく、前玉の拭き傷も実際撮ってみたが問題なかった。持った時の金属感、重み、軍艦部の魅力的なダイヤル、ファインダーをのぞけば恐ろしく広くクリアな視界、二重像もはっきりしている。シャッターは他のカメラともまた違い、静かながら「ジャッ!」とソリッドな音を立てる。ひい。たまらん。正面からみてもなんと美形か。クソイケメンやんか。私なんかが持っていいのか?今更ながら全国のNIKONファンが激怒するのではないかと危惧している。

そして早々にフィルムを詰め、テストがてらあちこちで撮った1本目のフィルム(FUJIFILM FUJICOLOR C200)現像が上がってきた。

うーん、好き。(クリックしないと圧縮画像で表示されてる様子)

参考文献:『ニコン100年史』(2018.12,株式会社ニコン発行)

ニコン100年史はいいぞ、欲しいぞ。図書館から借りて読んでるけど。

Nikon S2をお迎えしました