1月の富山写真

1月の休みの日、朝起きて思い立ってすぐに家を出た。富山へ向かった。

富山市内、駅を中心に撮り歩く。富山は路面電車があって、前まで金沢にもそれがあったらしい話を聞くと、少し羨ましい。15年くらい前に就いていた仕事では富山にも来ることがあったので、路面電車に乗ったのはそれ以来だろうか。

Paul Smithの看板から延びる影、郵便ポスト、白い壁。撮るときはそのあたりを見ていたように思う。郵便ポストを撮ることが多い。

図書館と美術館の複合施設、前は中も見て回ったが、今回は外歩きがしたかったので中にははいらず。

 

キャナルパークなるものがあって、要は運河のような公園であった。広くて芝生もあり、市民の憩いの場となっているよう。まだ寒い時期にも関わらず、人は多かった。スタバは行列が出来ていた。温かい飲み物が欲しくもなろう。眺望台があって、そこから四方を見渡せる。私は高いところがあまり得意ではないから、下を見たら嫌な汗をかいた。カメラをストラップから下げていなかったら取り落としていただろう。

遠方に見えるのが立山だ。写真だと薄っすらだが、肉眼で見るとより綺麗に見えていた。望遠レンズはない。50mmと35mmでそれぞれ撮っておいた。

見下ろした広場。

夕方、高速バスで帰った。普段の撮り歩くのとは違うエリアで撮るといい刺激にはなる。しかし独りは相変わらず休憩のタイミングがわからずくたくたになってしまうのだった。

2019.1.14 Toyama, Nikon Df

1月の富山写真