中判カメラの一本目現像

初めての中判カメラ、ゼンザブロニカS2のファーストロールを撮りきったのが2/1のことだ。FUJIFILMのPRO400H。一本900円ちょっと。すぐにカメラのスターさんにて現像。しかしCD化しようとしたら、35mmフィルムと違って中判は1コマずつ料金がかかるらしい。一番小さいサイズでも300円くらいだったか。となると12枚撮りでスキャン代が3600円!なるほど高くつく。まずは持って帰ってスキャンする写真を選んでからにした方がいいでしょうとのことだった。家にこのサイズのフィルムをスキャンできる装置はない。

一部はプリントするつもりであったので、翌日元々顔を出す予定だった文明堂さんにて3枚プリントする。ネガを見ると、まだ水平がとれていないのがよくわかる。一眼レフなどではもう少しましなのだが。それでもDfでスナップしていると、大抵どちらかにかたがったいる。右上がりが多かったかもしれない。

先の日記に書きそこねてアップしたのだが、私がブロニカ購入に至った理由のもっとも強いもののいくつかが、以下2人である。

アレモコレモさんは私がNikonS2に強く惹かれる要因にもなった方で、モノクロ写真を多く撮られている。写真も好きだが文章も好き、そしてカメラや物欲への向き合い方も好きで、フォローしている。

NRさんのブログはブロニカS2の写真を検索していて見つけたところだったが、見ていって度肝を抜かれた。説明しようがない。すごい。衝撃的に揺らされた。きっと私がブロニカを買ってもこんな写真は撮れない、けれど手にしたい、という強い想いに動かしたのはNRさんの写真であった。

撮りたい、写真を撮りたい。35mmでも、中判でも、デジタルでも撮りたい。私は行為への欲求ばかりが先走るきらいが昔からあって、絵を描く、文章を書くにしても、そうしたいが中身がない、中身が湧いてこないというのが悩みであった。今でもそうだ。激しい行為への欲求。シャッターを切りたい。ファインダーに収めたい。写っているものを見たい。だが何を?多くの人が着実な一歩一歩を進めていくのを、私はいつも横目、後ろから眺めている。何度も嫌になる。皆の眼が、お前はからっぽだ、と言っている。開き直れそうで開き直れない、いつまでも中途半端な子供のまま、私は行為を欲している。

中判カメラの一本目現像