文字を求むる

ひたたる水にそうっと挿してゐる、
あれは行方のない若い頃のわたしだ。
冷たい水に足をのばし、
ふわりと腐つたやうな泥に、
少しづつとらはれてゆくのを、
今のわたしは見てゐるほかない。
たゞその沼を渡らうとするその先に、
欝蒼とした森がたくさんの文字を蓄えて
深緑のくちをゆらゆらとひらいてゐる。

たとい水が冷たくとも、
私の、文字に對する飢ゑは
喉をかきむしるほどに、
擂鉢に穴ひらいてゐるのだつた。

文字を求むる