蝸牛の存在

蝸牛

蝸牛がゐた。金沢城公演脇の、樹々に包まれた一本道は涼しく湿り、緑に染まってゐる。蚊が少し気になるが、湿度は心地よい。蝸牛の存在はこの森の原始に錯覚する。渦から草花は生え、樹々は伸び育ち誰もが指を据ゑ。ぐるりと目が回って、中へ。

蝸牛の存在