こひしくおもふ

鉄扉
Nikon Df + Planar T*50mm F1.4

フィルムに恋をしているか。
カメラに恋をしているか。
写真に恋をしているか。
恋しく思う。

私のここ10年ばかりのテーマは自分自身の心の動きをできるだけシンプルにとらえることである。好きなことに向き合うことを簡潔にしたい。本来それは無意識に行っているはずなのに、変に「考えて」しまって強張り、自分が何をしたいのか、何をしているのかわからなくなっていったことが苦々しく思われる。

私は作品を作るために写真を撮っているわけではないということに立ち返る。詩もそうだ。私は自分の心の動きを文字や言葉か、カメラを使った写真という媒体で一時的に固定化している。難しく考える必要はない。誰かのためにするのではない。純粋に自身のために、書いたり撮ったりする。しかしやり方を変えてもいい、試してもいい。

自分に自信が持てぬから、必死に自分の「好き」にしがみ付いてゐる。戀しく思ふもの、戀しく思ふひと。

フイルムに戀をしてゐるか。
カメラに戀をしてゐるか。
寫眞に戀をしてゐるか。
戀しく想ふひと。

あかい煉瓦は雨に黒く濡れてをり。

こひしくおもふ