線条摩擦音

山から望む

私がある地点からあるところへ向かって歩いてゐる、あなたも同様にどこかの地点からあるところへ歩いてゐる、壁にあたると摩擦略取一定の角度に私たちは踵を返し、どこかで交差しては延長する。濃ゆくまじはっては拡張された時間へ、地面へ、進んでは回帰してくフィラメント。そして無数の私とあなたがゆく。

線条摩擦音